1月 25, 2022

男性の生殖能力:10精子について知るために不可欠

1ミリリットルの精子は1億の精子に相当します
安心してください、低い精子量は受精が妥協されることを意味しません。実際、射精は、平均して2〜6ミリリットルの精子、2〜6億の精子を投射します。精子の量は、性交の頻度、体の水分補給、または環境といったいくつかの要因によって異なります。それを知らなくても、男性は自分のライフスタイルのために自分の精子の質を毎日変えます。タバコ、活動不足、きつすぎる下着...

女性の5%が精子にアレルギーがある
この現象は非常にまれであり、それが起こるとそれはしばしばSTD(性感染症)または刺激に関連しています。それは精液、すなわち射精の直前に作用する液体であり、浮腫を引き起こす可能性があり、したがって非常に危険であり得るアレルギーの原因である。唯一の効果的な治療法は、精液と粘膜との間のいかなる接触も効果的に防ぐコンドームです。疑わしい場合は、アレルギーテストのためにあなたの医者に相談することを躊躇しないでください。

精子が健康であることを知っていて、アレルギーがないときには、洗わずにそれ自体を保つことは危険ではありません。 HIVなどの感染症を除く。

食事は精子の味に影響する
食事療法は精子の味だけでなくその色通常虹色の灰色に大きな影響を与えます。赤身の肉、乳製品、タマネギ、ニンニク、コーヒーは、精子に苦味と酸味を与えます。果物などの天然糖を含む食品はそれに甘い味を与えることができます。

精子はたんぱく質とビタミンが豊富です!
精子は10%の精子で構成されています。残りは酵素、ビタミンCとB 12、カルシウム、タンパク質、ナトリウム、亜鉛、クエン酸とフルクトースで構成されています。 5mlの精子(小さじ1杯分)の栄養価は以下の通りです。
- カロリー:20kcal
- 脂肪:6mg
- 炭水化物:11mg
- コレステロール:3mg
- タンパク質:150mg

最初の射精は13〜14歳の頃に起こります
最初の射精は思春期前には起こり得ない。通常、ペニスの成長が始まってから1年後の13〜14歳頃に発症しますが、これは男児によって異なります。ほとんどの場合、最初の射精は睡眠中に起こりますが、何人かの男の子は彼らの最初の性的関係の間にだけそれを持ちます。

低精子症および高精子症、よく理解されていない精子状態
低精子症は、2ml未満の精子量を特徴とする射精の障害です。この病理学の起源は精嚢のレベルにあるか、射精チャネルの閉塞から生じる。精子の量が6mlを超える場合の高精子症についてお話します。この疾患は副腺(精嚢と前立腺)の感染の可能性について調査されなければなりません。性的禁欲が多すぎることも原因の1つです。射精液は6mLを超えますが、性交中の精子の希釈および精子の急速な排出のために、過精子症は不妊を引き起こす可能性があります。

精子の診察は精子検査です
精子検査は男性の不妊を検出するための主な検査です。精子数、精子の運動性、精子のサイズと形状、精子の量、精子数などのデータを正確に評価するために使用できます。病院で精子のサンプルを採取し、現場で採取します。

フランス人の精子の質は低下しています
1989年から2006年の間に国立衛生監視研究所によって行われた研究によれば、フランス人の精子は質が落ちたでしょう。私たちの男性の精子濃度は、毎年2%の割合で減少しています。もう一つの厄介な要素、精子の形態は今日ではますます非定型になるでしょう。太りすぎ、無活動、たばこ、新しい食習慣など、主に栄養的および環境的要因の変化による現象

食事と睡眠は精子の質において重要な役割を果たす
脂肪や飽和脂肪が多すぎる、またはアルコールが多すぎて水分が足りないなど、食習慣が悪いと、精子の質に直接影響します。精液の分泌と精子の運動性が損なわれます。質の高い精子を維持するためには、タンパク質、野菜、魚、全粒穀物に焦点を当て、特に健康的なライフスタイルを持っていなければなりません。

精子の寿命は2〜5日です
射精の後、子宮の中で、精子は2から5日間生き残ることができます。排卵が妊娠を引き起こす可能性がある前に性交が数日行われたのはこのためです。野外では、精子の寿命は約10分です。



【不妊の知恵袋】葉酸!妊娠する前、妊活中は積極的に摂取!男性も効果あり! (1月 2022)