12月 11, 2019

生鮮食品のバロメーター:急激な秋のビガロウチェリーの価格

生鮮食品のRelaxnews全国バロメーターによると、市場に到着したことで、赤いチェリーチェリーの価格は30.9%下がった。この大幅な減少にもかかわらず、価格は1キロ当たり7.68ユーロ(前週の11.11ユーロ)と高い水準を維持しています。


1週間前の1.57ユーロに対して1キロ当たり1.27ユーロで、アメリカのバナナの価格は19.1%下がりました。消費者はまた同時にそれらを昨年より15.3%安いと感じています。それどころか、1年後に、ジャガイモの価格は1.75ユーロから2.38ユーロ/キロへと36%上昇しました。

三つの最強 立ち寄る
(情報源Relaxnews-SNM)
 価格 手段進化/週 進化/年
ビガローレッドフランス-26mmバルク7,68キロ- 30,9%- 34,2%
バナナアメリカバルク1,27キロ- 19,1%- 15,3%
じゃがいもフランス生バルク2,38キロ- 18,2%+ 36,0%


5月5日から5月18日の間に、消費者は、丸いトマトの価格が12.7%上昇するのを見ることができました。今週のキロ当たり2.67ユーロの売却額は7日前の2.37ユーロでした。昨年と同じ傾向:彼らの価格は12ヶ月で22.5%上昇しました。

球状アーティチョークはまた、その週の間にそれらの価格が9.7%と年間で11.9%上昇するのを見ます。彼らは一枚あたり1.13ユーロの平均価格を表示します。ネギの価格は、5月5日から18日の間に8.9%上昇しました。

の3大増加
(情報源Relaxnews-SNM)
 価格 手段進化/週 進化/年
フランスラウンドトマトルーズバンチ2,67キロ+ 12,7%+ 22,5%
フランスの球状アーティチョーク1,13部屋+ 9,7%+ 11,9%
ニラフランス全体ブーツ1kg2,09キロ+ 8,9%+ 13,0%


方法論:生鮮食品Relaxnewsの価格バロメーターは、農業省に依存するマーケットニュースの部門によって提供されたデータから毎週水曜日に作られています。毎週、約20のSNMエージェントが、フランス中に広がる150の中規模および中規模の店舗で、150の製品(果物、野菜、肉、魚など)の小売価格を引き上げています(フランスの家庭消費の代表例)。フランス、Sofresが設立。